会計士になって人生変わった~社畜だった僕が個人で自由に働けるようになるまで~

サラリーマン時代、「毎日同じ時間・デスクに行く」生活は自分には向いてないと感じ、3年で会社を退社。一念発起し、公認会計士試験に合格したら人生が変わった。将来、もしくは明日からでも個人で自由に働きたい方向けに情報発信していきます。ぜひ読んでみて下さい!公認会計士/投資家/フリーランス/。

【第5回】公認会計士試験受験生用~5分以内!スキマ時間にみれる財務会計論~【第5回減損会計】

f:id:yuruburogu:20200906230903p:image

本記事は【第5回目減損会計】の記事です!! 

目次

 

0.本記事の目的と説明

本記事の目的

「圧倒的勉強量」が必要な公認会計士受験生向け

勉強と勉強のあいだのスキマ時間で復習できる」ことを目的にした記事です!

 

説明

・A子さん:会計士受験生

・ゆぶろ:公認会計士

 

本記事の対象者

・減損会計について一度でも学んだことがある方

公認会計士試験受験生

 

1.減損の基本原則 

減損とは=資産の収益性の低下により、投資額の回収が見込めなくなった状態

 

固定資産に対して、必ず何かしらの収益性をみこんで投資をしているところ

その投資額自体の回収見込めなくなった時点で、帳簿価額も減額しようね!

という趣旨

 

よって

減損会計の対象=固定資産

減額範囲①正味売却価額or②使用価値のいずれか高い方

 

ただし、以下は対象から除外

(理由=他の基準で規定されているから!)

・金融資産

繰延税金資産

・ソフトウェア(市場販売目的)

・前払年金費用

 

 

2.減損の認識

結論:3ステップ

 

減損の兆候

減損を認識するかの判定

減損の測定

以下、説明~

 

減損の兆候

 →問題文で与えられるので無視でOK!

一応説明すると「減損が生じている可能性があるよね、という事象」

例:その資産から生じる営業活動によるキャッシュフローが継続してマイナスとなっている状態(orなりそうな見込み)

 

減損を認識するかの判定 

割引前将来キャッシュフロー<帳簿価額

これだけ!

ただし、ここの「根拠(理由)」は理論の典型論点!大丈夫ですか?なぜ割引前を使う?

不安だったらテキストへGO!!

 

減損の測定

正味売却価額、or、使用価値

いずれか高い方まで減額する!

・正味売却価額時価-処分費用額

・使用価値=将来キャッシュフローの現在価値(※使用後の処分価値含む)

 

3.減損会計における注意点!!

使用価値」について

あくまで将来キャッシュフローは「見積もり」なので、

「将来キャッシュフロー実際値が、見積もり値から乖離してしまうリスク

が発生すると予測される!

このリスクは、「使用価値の現在価値」を算定する必ず考慮(反映)させる

反映させる方法としては、2つ

将来キャッシュフローの見積もりに反映

割引率に反映

 

注意点!

あくまで「使用価値」算定の場合のみ!

割引前将来キャッシュフローの算定では、このリスクの考慮は不要!!

  

 

4.共用資産

共用資産=例えば「工場全体にかかる土地」のように複数の資産グループに寄与するもの!

ただし、のれんは除く!

 

共用資産に係る資産は、2つの処理方法がある

①原則法=まず(いつも通り)各資産ごとに判定→次に共用資産を含むより大きな単位!

②例外法=共用資産の簿価を、各資産に配分したうえで認識の判定!

  

5.のれん

のれん=簿価を各資産グループに分割する!

分割のする際の「基準」=合理的な基準であり、通常は「時価

 

ゆるぶろ:注意!あくまで、簿価を用いる点は注意!!「時価」はのれんを各資産(事業部)に分割する際の基準なだけ!!」

 

共用資産と2つの処理方法がある点で同様!

 

6. 共用資産とのれんの違い

以下の2点!

<原則法>

より大きな単位で認識した場合の「減損の増加額」は、、、

・共用資産=「正味売却価額」まで配分する

・のれん=「簿価」まで配分する

 

<例外法>

・共用資産=測定された減損額は、共用資産と各資産とで、帳簿価額等の合理的な基準に基づき配分する

・のれん=測定された減損額は、のれんに優先して配分する

 

7.その他

将来キャッシュフローの見積もりは

・間接的に生じる支出=含める

・現時点で計画されていない設備の増強費用や事業再編費用=含めない

  

お疲れ様でした!!

以上