会計士になって人生変わった~社畜だった僕が個人で自由に働けるようになるまで~

サラリーマン時代、「毎日同じ時間・デスクに行く」生活は自分には向いてないと感じ、3年で会社を退社。一念発起し、公認会計士試験に合格したら人生が変わった。将来、もしくは明日からでも個人で自由に働きたい方向けに情報発信していきます。ぜひ読んでみて下さい!公認会計士/投資家/フリーランス/。

【公認会計士試験等の資格試験】試験前日を迎える方へ~試験前日に実施してほしい3つのこと~

【本記事の概要】

✔試験直前期の中でも

試験前日に実施してほしい3つのこと」を書きました

5分以内で読める内容にしました

✔「え、今さら言われても」と焦らないように誰でも実施できる内容に絞りました!

f:id:yuruburogu:20200817184350p:image

【目次】

 

 

 

【1.実施してほしい3つのこと

(1)寝る前に「自分で自分を褒めてあげる」

試験前の"眠り"は、最も重要な「試験前の準備」だと個人的に思ってます

ただし、私の場合、試験前日は色んなことを考えてしまい、なかなか寝れませんでした

特に、直前1か月くらいからひどくなってました

ですが、寝る前にたった自分で自分をたくさん褒めてみる」という単純なことをしただけで、驚くほど良く寝れました!

今でも実施してます

ぜひ、「そんなことどうでも...」と思わず実践していただきたいです!

注意点は「褒め過ぎてハイにならないこと」くらいです

脳が覚醒してまいますので、イメージとしては「冷静に褒める」です

 

(2)歩きながらのテキスト読みはNG

試験前にテキスト読むときは普段の何倍も脳が集中してます

調べてみると、脳が勝手に「追い込まれている」と判断するから、らしいです

なので、「ながらスマホ」のように、会場に向かう前に歩きながら読んでいると

事故にあう可能性も非常に高まります

「人生かけて」臨んでいる試験だと重々承知ですが、命あっての試験ですから

 

ただし、1秒でも多く読んでいたい状況だと思います

「明らかに見通しの良い道のみOK」と言いたいのですが、

集中しきっていると、知らずに長時間テキストに目がいってしまいます

なので、歩いているときはテキストは読まず、「持つのみ」にしましょう

そして、歩きながら脳で復習し、「万が一あれ?」と思ったら

立ち止まってテキストを開く」にしましょう

 

 

(3)1.5倍の自信を持つ(戦闘モードになる)

私は公認会計士試験の2次試験を落ちている経験がありますが、

落ちたときと受かったときの勉強の仕上げ具合は

ほぼ変わらなかったと思ってます

しかし、落ちたときは直前の「自信」がなかったな、と思います

というのも、試験当日の朝にカフェで注文したときに

めちゃくちゃ声が小さかったのを覚えてます

しかし、受かったときは、「よし、やってやる」とちゃんと戦闘モードになっていたのを覚えてます

この戦闘モードになるのに条件なんてありません!

なので、私の合否の確率でいうと、絶対に戦闘モードの方が合否率は高まります

ぜひ、直前期の過ごし方の良し悪しに関わらず、当日は戦闘モードになるのがベターかと思います 

 

【2.最後に

明日試験を受けられること自体、どれだけ凄いことか

(2020年に限っては)コロナの影響下で試験を受けること自体、例年より何倍も大変

合否によっても命はとられない

の3点を最後に確認させてください

 

皆さんが明日無事に試験を受けられることをとにかく願ってます 

 

✔「前日」ではなく「試験直前期(1か月前程度)の過ごし方」については以下の記事を。

 

www.yuburo-blog.com

 

以上