会計士になって人生変わった~社畜だった僕が個人で自由に働けるようになるまで~

サラリーマン時代、「毎日同じ時間・デスクに行く」生活は自分には向いてないと感じ、3年で会社を退社。一念発起し、公認会計士試験に合格したら人生が変わった。将来、もしくは明日からでも個人で自由に働きたい方向けに情報発信していきます。ぜひ読んでみて下さい!公認会計士/投資家/フリーランス/。

公認会計士って何の仕事をしている??~なぜこの記事を書こうと思ったのか~

【本記事の概要】

公認会計士がどんな仕事しているのか解説!

f:id:yuruburogu:20200908200404p:image

【目次】

 

 

 

1.スタバ事件

公認会計士として仕事をはじめて半年たったある朝、スタバによりました。コーヒーを注文して、待っているあいだに、定員さんが気を遣ってくれたんでしょうね、以下のようなやりとりがありました

 

定員さん:「お仕事なにされているんですか?」

私:「あ、公認会計士として仕事してます(笑顔で)」

定員さん:「はい??」

私:「あ、えっと、公認会計士です!(元気いっぱいに)」

定員さん:「コウニン......??」

私:「えっと、公認会計士っていう職業なんですよ(さっきより笑顔いっぱいに)」

店員さん:「コウニン??」

私:「えーとですね、公認会計士....(え、僕が間違っているのか?)」

定員さん:「コウニンカイケイシ??」

私:「そうです、そうです、そうです!!ありがとうございます~!」

 

 

この会話の直後、コーヒーを飲みながら、ふと「あれ、なんで最後に”ありがとうございます”って言ったんだろ?」と考えました。

 辿り着いた結論が「医者・弁護士・会計士って言われてるのに会計士だけやっぱり知名度が全然低い」ってことに、あるときから気づいており、その現状を改善したい!って思っているんだなと。だから「分かってくれて、ありがとうございます」という言葉が出たのだと。

 公認会計士の仕事や働き方をもっと知ってもらいたい

 そのコーヒーを飲みながらそう強く思いました!

 

ステータスって言葉は自分はあまり好きではないです。でも、間違いなく、そして皆さんが思う以上にステータスや社会から得られる信用は高く「先生」って呼ばれることも多い職業です。

 だから、お高くとまってちゃっている人が多かったせいで「知名度普及活動」をしてこなかった、あるいは、してきたけど上手くいかなかったせいで医者・弁護士に知名度の差をつけられたと思ってます

 

ここで会計士の「知名度」はものすごくシンプルで

・知ってる人はめちゃくちゃ知ってる

・知らない人は全然知らない

2択に分かれてしまっていると私は思います

 

 

公認会計士試験に受かり、実際に仕事をしてみて「公認会計士の実情」をそれなりに知ってます。例えば公認会計士に対する世間のイメージ(ネット+書籍情報)は以下のようなものが多いです。

 

・難しい仕事してそう

・キラキラしてる

・昼ごはん、良いもの食べてそう

・高収入、安定してる

・年収1,000万~2,000万

・数字に強い

・忙しそう

・ビジネス系資格試験の最高峰

 

私がこれをみて、声を大にして伝えたいこと「そんなことより、会計士になれば

どんな仕事にも通じるビジネス/経営に関する、超高度な知識が手に入り"超"重宝される。あらゆる会社について、いまどんな経営状態にあるのか分析できる力が手に入る」

です!

 

2.公認会計士の仕事に興味をもったらどうすべき??

 

公認会計士という職業に興味を持った場合、まず最初に読むべき記事は下記です! www.yuburo-blog.com

 

 

公認会計士試験制度については下記の記事が参考になります!! 

 

www.yuburo-blog.com

 

 

www.yuburo-blog.com

 

 

 

www.yuburo-blog.com

 

 

 

 

 

 

以上