会計士になって人生変わった~社畜だった僕が個人で自由に働けるようになるまで~

サラリーマン時代、「毎日同じ時間・デスクに行く」生活は自分には向いてないと感じ、3年で会社を退社。一念発起し、公認会計士試験に合格したら人生が変わった。将来、もしくは明日からでも個人で自由に働きたい方向けに情報発信していきます。ぜひ読んでみて下さい!公認会計士/投資家/フリーランス/。

簿記3級もしくは2級から公認会計士試験へのシフトチェンジについて~3級2級から合格可能?短期合格は?受験料はいくら?~

【本記事の概要】

・簿記3級・2級を現在勉強している

・簿記3級・2級どちらか既に取得している

・簿記1級取得者

のいずれかに当てはまる方でどうせなら会計士試験も受けてみようかな!と悩んでいる方向けの記事です

f:id:yuruburogu:20200813180540p:image

 【結論】

1年間のそれなりに勉強する時間」が惜しくない方は、ぜひ検討してみては??

 

【目次】 

 

 

1.時間について

 

<1.簿記の勉強の延長線上>

まず、簿記2級で学んだ内容は、公認会計士試験でいうところの「財務会計」と「管理会計」です

それも、「わずか一部!!」です

どのくらい一部でしょう・・・

2級だと、「6-7%程度」という感じでしょうか

なので、、、勉強のはじめの段階では新しいことをガンガンインプットしていきます!

このインプットが私は「めちゃくちゃ楽しかった」です

 

その理由が、簿記2級で学んだ内容に対して「なるほど!そういうことだったのか~!」と納得感と専門性を得られるからです

 

なので、簿記2級の勉強の延長線上

財務会計

管理会計

の2つがある感じです

 

簿記3級勉強中の方のみ:まず2週間~3週間程度でいいので2級の勉強をざっとしましょう。はじめて「工業簿記」なるものが出てきます。合格する必要はないですので、ざっとテキストに目を通すだけでよいかと。勿論合格できたことに越したことはないですが) 

 

 

 

<2.1次試験の科目数>

 公認会計士試験1次試験

財務会計

管理会計

企業法

監査論

4科目です(※2次試験はさらに2科目加わります)

 

 

この

企業法

監査論

の2科目は、全く新しい内容ですが

勉強していて、まずまず楽しい内容になっているかと思います

 

 

<3.勉強のスケジュール>

 大手予備校の勉強スケジュールは4科目だいたい1年間インプットしていくイメージです(インプット=講義をひたすら受けていく!)

なので理論的には、、

『1年間で(講義さえ受けられれば)、1次試験を受ける土俵には立てる』

 ➡なぜなら、1次試験はマークシートだからです!!

 

<4.マークシートに関して>

 まず誤解がないように、、、マークシートも当然「実力」がないと立ち向かえないです

マークシートの奇跡が起きた!!は、どの問題も4~5コの選択肢があるので奇跡=天文学的な数値です

ただし!私は模擬試験で、「めちゃくちゃ手ごたえあった時と完全にやらした時の点数が、全く同じだった」という経験あります

 

1次試験も、記述式にしてしまうと採点が大変ですよね?

なので1次試験はマークシート、2次試験はさすがに記述式にしょうね、っていうのが方針みたいですがこれは受験生にとっては非常にラッキーだと個人的には思います

 

 

<5.1年間の「それなり」の勉強の意味>

ここまで見て分かるように、簿記2級の勉強で、公認会計士試験の4科目のうち、実質2科目については既にスタートをきっている状態と一緒!

 

なので、その延長線上で

・「やれる範囲で」膨大な勉強をこなす

・新しく0から学ぶ企業法と監査論も予め何か勉強しておかないと受からないものではない

ということは、、、自分なりに最大限勉強してみてチャレンジしてみるのは私は大いにありだと思います!これが「1年間の「それなり」の勉強」の意味です

 

 

<6.ここまでのまとめ>

簿記2級からのざっくりとした流れをまとめると、、、

財務会計簿記2級の延長

管理会計簿記2級の延長

企業法新しく一から学ぶ

監査論新しく一から学ぶ

      ↓

1年後:1次試験を受験

・この4科目がマークシートで出て、60%以上取ればいいのね

・1科目でも40%下回ると合計60%でも不合格だから苦手科目はなるべくなくしてバランスよく勉強ね

 

これを見据え

まず、簿記3級2級の勉強を始め

あとは「自分に向いているか」によって

会計士試験へのシフトチェンジを検討する

これは、個人的にはめちゃくちゃありだと思います

 

以上