会計士になって人生変わった~社畜だった僕が個人で自由に働けるようになるまで~

サラリーマン時代、「毎日同じ時間・デスクに行く」生活は自分には向いてないと感じ、3年で会社を退社。一念発起し、公認会計士試験に合格したら人生が変わった。将来、もしくは明日からでも個人で自由に働きたい方向けに情報発信していきます。ぜひ読んでみて下さい!公認会計士/投資家/フリーランス/。

【公認会計士試験等の資格試験】試験直前期の方へ~受かる確率を1%でもあげるために~

【本記事の概要】

✔試験に受かる確率を1%でもあげるために実践してほしいこと(公認会計士試験を受験した私の経験に基づく"直前期のマインドについて")を公開

f:id:yuruburogu:20200810144442p:image

いきなりですが、著者は公認会計士受験生向けに日ごろからもTwitterで多く発信しているので、ぜひTwitterのフォローもページ上記のフォローボタンからよろしくお願いいたします。

 

【目次】 

 

1.本記事の前提や対象者

【前提】

・試験のおよそ1か月前という状況

 

 【対象者】

公認会計士試験受験生

・税理士試験受験生

・簿記等の受験生

 

【著者のプロフィール】

 

www.yuburo-blog.com

 

 

2.試験直前期の精神状態について

これを読んでいるあなたはこれまで公認会計士試験の合格に向かってとてつもない勉強量をこなしてきて、直前期を迎えて今、これを読んでいると思います。

 

試験の直前というのはこれまで頑張ってきた分だけ「直前ならではの焦り/不安」がでます

 

この記事では、あなたの「焦り/不安がなくなればいい!!」ではなく「そうだよね、みんな不安だよね!」と思っていただき、合格の可能性を1%でもあげるための行動がとれる(=効果的な試験直前期の過ごし方)になれば幸いです

 

 

3.試験直前期に実践してほしいこと 

 

3-(1)迫りくる「不安」の対処法

・不安になるのは(口で息ができるのと同じくらい)当然

・なぜなら、受かりたいから

・もし何も不安に感じてなかったら、試験開始直後吐きそうになるほど緊張する

・今のうちに不安に感じていれば、例え「公認会計士受験生で2次試験3度目」のような方でも、試験が始まって5分もすれば問題に集中できる!

 

3-(2)睡眠の質の低下に対して

・普段より、眠るに入りのがほぼ間違いなく遅くなってしまう

・頭では何も考えてなくても、勝手に脳はストレスを感じている

・しかし、脳は意外にも十分休まっている

・もし寝れなくても、目をつぶっているだけでも眠りの9割ほどの効果が得られる

3-(3)直前期につい手を出してしまうこと

・直前期ほど、自分がいままでやってきた勉強量/範囲に「焦る」

・これは、公認会計士/税理士試験の「勉強量の多さ」に起因する

・つまり、十分勉強してきたはずなのに、「あれが出たらどうしよう」と思ってしまう

・しかし、落ち着いてほしい

・これまで、しっかり重要性にしたがって勉強してきたはず!

・各予備校が提供している重要性に関する情報ほど、信頼性の高いものはない

・なので、試験直前になって新しい論点を覚えようとするのは、絶対悪手

・たとえ、「もう完璧に、重要性の高い論点を覚えたか?」に対して「完璧すぎる、もう何にもやることない」と思った方でも、新しい論点に手を出すのではなく、現状維持のみに時間を費やした方がよい(最もこんな方まれなくらい、時間が足りないと思う)

3-(4)直前期ならではの「心が休まらない」に対して

・「時間が足りない」、これも当たり前のこと!

・みんな時間が足りない。だから大丈夫!

・むしろ、適度にリラックスする時間を確保しよう!

・いまは暑いので嫌かもしれないけど、ゆっくりお風呂に浸かったり

・好きな動画をみたり、30分でもリフレッシュしよう

・その30分勉強したくなる気持ちはわかる!でも30分だけはリフレッシュしよう

  

3-(5)直前期ならではのメンタル

・直前期ほど「やばい、寝すぎた。全然勉強してない」→「もう無理そうだな...」

という悪循環に陥りやすい

・これは「寝すぎたこと」が問題ではない

・直前期は、しっかり「何をやるか」そして「何をやったか」自分専用ノート/アプリにて管理している人が多いはず

・だからこそ、寝すぎたり、勉強できなかった場合に「こんな大事な時に、計画が狂ってしまった」と絶望しやすい

・これは「計画」を重要視しているために脳が自然と考えてしまうこと

・ただ、私は2次試験に一度落ちました

・なので2次試験の直前期は2回経験してますが、1回目も2回目も、どちらも

「寝すぎてしまった日」はありました

・でも合格してる

・なので「寝すぎたこと」が致命的ではない!

・むしろ、一日二日程度なら、寝すぎても全然OK、と思ってます

・一回目も、二回目も「勉強の仕上げ具合」はあまり大差なかったと感じてます

・けれど、一回目の直前期では、寝すぎてしまったときに「まじかぁ」と悲観してました

・それまで、割と朝早くから勉強するリズムだったので、「なんで直前期に寝すぎるの...」と自分で悲観してしまった

・しかし、二回目の直前期では、寝すぎてしまった場合でも「よし!学習計画を変更しよう!!むしろ今日は勉強軽めにして、明日+3時間やろう~」くらいに思ってました

・だから、起きたときに「終わった。。」「オワタ。。」とか絶対思わないこと!!

・直前期ほど、すぐに「終わった」と脳が勝手に判断してしまうもの!!

・なので、寝過ぎたり、全く勉強できない日が複数日続いても、「直前期だからこそ寝すぎてしまっている人たくさんいる。大丈夫。」と冷静に!

 

 

【以上のまとめ】

まずは、直前期までこれて、今まで頑張り、本当にすごいです!あともう少し「今までどおり」を継続するだけです「不安」に思っていて何の問題もない!!

 寝過ぎたり、仕事が忙しくて全く勉強できない日が複数日続いても大丈夫!

 

4. 試験前日について

 

試験前日については、以下の記事に書きました!ぜひ参考に!

【試験前日を迎える方へ】

yuruburogu.hatenablog.com

 

 

以上