会計士になって人生変わった~社畜だった僕が個人で自由に働けるようになるまで~

サラリーマン時代、「毎日同じ時間・デスクに行く」生活は自分には向いてないと感じ、3年で会社を退社。一念発起し、公認会計士試験に合格したら人生が変わった。将来、もしくは明日からでも個人で自由に働きたい方向けに情報発信していきます。ぜひ読んでみて下さい!公認会計士/投資家/フリーランス/。

お金に関する知識をつけたい方必見!公認会計士は実は「お金のプロ」ではない!

【本記事の概要】

✔世間的には公認会計士=お金のプロというイメージがあるが実は必ずしもそうではない

✔では「お金のプロ」に最も近い資格は??

f:id:yuruburogu:20201203020324p:image

 

 

某ドラマで公認会計士に「お金のプロ」という肩書きが付いていましたが、これは大きな誤解を生みだすなと思い記事を書きました。

 

【目次】

 

 

 

1.公認会計士はお金のプロではない

 

公認会計士は「会計・税務・監査」のプロではあることは間違いなく、資格としてもビジネス系資格の最高峰に位置し、医師・弁護士とともに日本の3大難関国家試験と言われています。

 

これは「取得するまでの勉強量の多さ」に匹敵すると説明するとわかりやすいかと思います。通常、2年~3年間の長期的な学習が必要であり、大企業の決算書に対して「これは正しい決算書です」というお墨付きを与える役割を担っています。このお墨付きを、投資家は信用しますので、絶対に間違いがあってはならない仕事です。なので、その役割を担う公認会計士になる為には、ハードルは高く設定されています。

 

しかし、公認会計士の上記で述べた「会計・税務・監査」のプロであっても、お金のプロというわけではありません。

 

結論から言いますと、「お金のプロと名乗れるほどお金に精通している公認会計士もいれば、そうでない公認会計士もいる」です。

 

 

2.ではお金のプロと言ったら??

 

お金のプロのイメージに最も近い資格はFP(ファイナンシャルプランナー)になります。

 

それはFP試験を合格するために学習する内容を見れば明白です。

※FPで学習する内容に関する記事はこちら⇩ 

www.yuburo-blog.com

 

 

私は実際にFP2級をもっていますが、非常に実生活でも非常に活きています!

 

 

3.「お金のプロ」にはどういうメリットがある??

 

お金周りに関する知識は、知っておくか知らないかで、直接あなた自身の利益に直結します。

 

例えば、株式売買をしている私の知り合いAさんは、数年前に、1年間のトータルでみた場合に、大きな損を出してしまいました。

Aさんは所得税の仕組みを全く分かっていなかったので、その損を、来年度の所得税を納める際に、利益と相殺できることを知らず、申告していませんでした。

その話を「ボソッと」飲みの場で聞いた私は、すぐに「今年の確定申告の際に、遡って還付の申告をするように」勧めました。

結果、翌年Aさんは100万円ほど還付(つまり100万円が戻ってきた)を受けました。

 

この例のように、お金に関する知識(今回の例では、税金、それも皆さんに一番身近であるはずの所得税)を知っているか知らないかで、Aさんは100万円損をするところでした。

 

 

4.FPにはどんなメリットがある??

 

FPはまさに「お金のプロ」です。

先程のAさんの例でいうと、所得税は会計士も税理士も専門としている分野です。

なので、そもそも資格取得の段階で勉強が必要であって、細かい条文まで覚える必要があります。プロとしては当然ですよね。

 

しかし、FPはこの辺りをを要領よく覚えることができます!!

 

つまり、そこまで細部まで勉強することはないが、だからといって上辺だけの知識でもない!!!ちょうどいい知識をつけられる!

 

・・・・これがFP取得する上での何よりにメリットだと私は思います。つまりはコストパフォーマンス!公認会計士試験ほど勉強を長期間必要とする資格ではないが、「お金のプロ」という資格が発揮する対外的信頼はものすごく高い。

 

・・・・これが、実際に公認会計士とFP2級の両方を持つ私の意見です。

 

 

ぜひFPに興味が出た方は、以下から検討してみて下さい。

 

<ユーキャンのFP講座>

f:id:yuruburogu:20201203015204p:plain

 

FPが取得できる国内の講座で、合格実績及び顧客満足度で圧倒的1位を誇るユーキャンの講座。もしこの記事を読んで「FP、取得してみようかな」と思った方。

 

独学で本屋でテキストを購入することを検討する。

他のサイトで申し込みを検討する。

 

このような場合、またあなたの貴重な時間が削がれます。他のサイトやFPに関する書籍も比較した上で、本記事を書いています。何より、ユーキャンはあなたも一度は聞いたことはがあると思います。その信頼性(知名度)も、私は評価している要因の一つ。そして、なにより私自身、ユーキャンを利用して(※公認会計士講座はありません)FPを取得しました。

 

下記⇩から申し込んでしまえば、貴重な時間を削ぐことなく、来年5月試験合格に向けていいスタートがきれます!!

 

 

f:id:yuruburogu:20201202180433p:plain

 

6万円は高いと思う方は、公認会計士試験の講座は合格率10%程度にも関わらず最低でも70万円以上し、一発合格は一握りしかできないと言われている為、総額で100万円以上かかります。ユーキャンのFPであれば、合格率は約50%と圧倒的に高いです。

 

私は公認会計士試験に挑んだ際、「公認会計士になりたいから、試験制度は正直関係ない」と自分の気持ちに正直に行動しました。FPという資格が欲しくなければ絶対に無理する必要ありません。

・・・しかし「FPを取得したい!!」と思うのであれば、悩んでいる時間はもったいないです。

 

最後にもう一度、FPに関する記事を貼っておきます。

www.yuburo-blog.com

 

 

以上