会計士になって人生変わった~社畜だった僕が個人で自由に働けるようになるまで~

サラリーマン時代、「毎日同じ時間・デスクに行く」生活は自分には向いてないと感じ、3年で会社を退社。一念発起し、公認会計士試験に合格したら人生が変わった。将来、もしくは明日からでも個人で自由に働きたい方向けに情報発信していきます。ぜひ読んでみて下さい!公認会計士/投資家/フリーランス/。

独学で公認会計士試験に挑戦した私の失敗談~私のようにバラバラのテキストを購入する独学は絶対NG!~

【本記事のテーマ】

独学で公認会計士試験に挑戦した私の失敗談です!

【結論】

✔”わたしのような”独学はNG!!

✔独学で目指したいのなら、せめてクレアールにてテキストをそろえるべき!

f:id:yuruburogu:20200913170829p:image

【目次】

 

 

1.焦ってしまったサラリーマン時代

私は新卒入社した会社を、入社後すぐに辞めたいと思いながらも退社まで3年かかりました。その一番の理由は、安定を手放すのが怖かったからです

しかし、覚悟を決め「辞めるぞ」と決断します!そして「会計士」を目指します

※「なぜ会計士なのか」は以下の過去記事をご覧ください 

www.yuburo-blog.com

 

 (続き)

 会計士を目指すと決断したもののすぐには会社を辞めませんでした

なので、「独学で勉強しながら、社畜として働く」という割と人生ハードモードな時期がありました!笑

その期間:8か月程度

この8か月で得られたもの=忍耐力、、だけです!!笑

朝4時起き、睡眠時間4時間、休日なし」みたいなことやってました

 

しかし、自分なので厳しめに言いますが「無意味」でした。なぜ無意味だったのか??

(次の2.へ)

 

 

2.「私のような」独学はなぜ無意味なのか

1.で述べた「独学での勉強8か月」の内容は「①書店で②テキストを③バラで購入して勉強する」でした。いまでこそ予備校が「テキストのみ販売」してますが、私が勉強していた当時はまだありませんでした

 

なので、「自分で寄せ集めて購入する」しかなかったんです!この「テキスト寄せ集め独学勉強法」のデメリットは...... 

・書店のみでは(会計士試験向けの)網羅的なテキストが存在しない!

・テキストに一貫性がない

・出題される論点の「重要性」がわからない

 

など、正直デメリットばかりです

 

これは 、圧倒的に出題範囲が広い公認会計士試験において出題される論点の「重要性」がわからないのは致命的でした。では、同じ独学でも、おすすめできる独学での合格方法はないのか?

(次の3.へ)

 

3.では、効果的な独学はあるのか??

さきほど述べたとおり「私のような」独学は本当におすすめしません!

※私のようなとは=「自分で書店でバラのテキストを購入する」こと

 

では、効果的な独学はあるのか??

結論:あります!

これは「予備校が用意しているセットでのテキストを購入する」です!この場合、講義は受けられないかもしれませんがテキストは、一貫性と網羅性を兼ね備えてます!しかも、一般的に会計士試験講座って1年間=約70万~90万が相場ですが「テキストのみ購入」ならコスト=「テキスト代金のみ」になります!

 

なので、優先して頂きたいのは「あくまで予備校の(※)スタンダードなプランに申し込む!」ですが(※スタンダードなプランとは=テキスト+講義視聴可能なセット)お金と時間がない、でも、公認会計士試験に働きながらでも合格したいという方には下記のクレアールという予備校もおすすめです!

 

クレアール公認会計士講座
今、会計士受験業界で話題の「非常識合格法」で効率的に合格が目指せます。

 

 

※クレアールについては、まずは無料で資料請求してみて、自分で確認して頂くのがベストです!

 

4.独学で1年合格できる!?

この記事を読んでいただければわかるとおり「予備校のスタンダードプラン」は王道です!!しかし、とりあえずかじりたい!働きながらでも公認会計士試験の合格を目指したい!という方も多いと思います!そんな方には、クレアールはおススメ!!

 

予備校に通えば100%信頼できるカリキュラムが組まれていますので会計士試験を受験しようか迷われている方はぜひ私のように独学を目指すのではなく予備校に通うことが一番の近道です!大手予備校3校が出している公認会計士試験講座の無料動画は下記の過去記事にまとめてます!

 

www.yuburo-blog.com

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

以上